鶏治部煮(鶏じぶ煮)

金澤を訪れ一度は味わっておきたい味に加賀料理「じぶ煮」があります。

  おもてなしをする時などに家庭でつくられる「じぶ煮」は安土桃山時代にキリシタン大名の高山右近とポルトガルの宣教師によってその原形が金澤へ伝えられたと考えられています。 またその語源にはいろいろな言い伝えがあり、豊臣秀吉の文禄の役に兵糧奉行として従事した岡部治部右衛門が朝鮮から伝えたという説と、寛永年間江戸で出された「料理物語」には、「鴨の皮を鍋にていりだし、たまりも加減してじぶじぶと云わせ・・」と記されているように、じぶじぶ煮える擬音語という説もあります。

  ビーフステーキのレアのような柔らかさの鴨肉、加賀藩の料理人初代舟木伝内の考案したすだれ麩、茸、青菜を取り合わせ、和風ソースのような煮汁に薬味のワサビ この不思議な妙味ー。

 粋な料理法が江戸の時代に編み出されたということは大変な驚きです。

 

加賀藩の包丁侍 舟木伝内が考案したすだれ麩を使った江戸時代からの伝承料理


B-1
 鶏じぶ *椀盛りの写真は鴨じぶです。

  • 鶏じぶ(1人前)×3パック 木箱詰

    販売価格 3,780円(消費税込)
    (本体価格 3,500 円+消費税 8%)
    (送料+クール料金(216円)別)

  • 「鴨じぶ」「鶏じぶ」「ほろ酔い鶏」「のと竹炭塩鶏」の4点から自由に3点セットをお選びいただけます。詳しくはお問い合わせ下さい。
  • e-mail:acs@aokicooking.com
  • TEL:076-265-6155
    FAX:076-231-2500
    購入数


◆送料が別途かかります  マークはクール宅急便でお届けします。

青木悦子の店 四季のテーブル
〒920-0865 石川県金沢市長町1丁目1−17 TEL:076-265-6155 / FAX:076-231-2500 E-mail:acs@aokicooking.com